NEWS

2021 / 10 / 29  08:32

エプロンワンピース

エプロンワンピース

サロンで作ったエプロンワンピース。

 

サロン=サルーン。

サルーン=腰巻き布。

 

…東南アジアの何気ない風景が、どこか懐かしく感じるのは

街中に溢れる屋台だったり、布使いだったり、祈る人の佇まいだったり…

繰り返される人々の暮らしのひとつひとつが、

通り過ぎてきた記憶の断片と重なる時があるから。

 

光が差し込む瞬間を、掬い上げるようにして、朝、目が覚める。

太陽と月を軸に、暗がりを愉しみ、人と人が集う事を喜ぶ。

 

…時に、非効率だと嘆きたくなる時もあるけれど、

 憧れと、尊敬も込めて、布を巻く文化を愛おしいと思う。

 

 

暮らしは、今、此処にあるもの。

サロンは、そんな日々と共に、そこにある布です。

 

 

1D279864-428A-4E5A-AD08-9F3217D7ED5F.jpeg

C38BB4AC-FF19-46FE-A4C9-5367727D8A9D.jpeg

全部で、3カラー。

小さな柄なので、合わせやすく、どれも、メリハリある配色です。

“続き”のある毎日が、明るく彩られるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021 / 10 / 03  10:13

秋のクラシカルワンピース

isicaのスタンダードワンピース

またもすっかりご無沙汰しております。

→photo gallery 

 のみ、コツコツ更新しておりましたので、良かったらご覧下さい☆

 

…お知らせが滞ること約10ヶ月。

もはやお知らせではなく、生存確認のような状況ですね汗

 

ナゼ急に書こうかと思ったかというと…“だから。笑

 

そう、読書に久しぶりにハマっておりました。

Kindleではなく、紙の本を開いて読むと、やはり少し心の奥に言葉が浸透する気がするのは

気のせいじゃない…“、が、するのです。

 

知識を増やす為の読書ではなく、サクサク心を耕す時間。

たっぷりどっぷり朝方まで本の世界にハマった後に、

ああ、また少し書き留めようかなと、こちらのページの更新にきました。

 

想いを書き留めるってなかなか続けるのは大変。

きっと普段はお休み中になっている頭のどこかを使うのでしょうね。

えい!って書き出すまで、なんだか時間がかかってしまいました。

 

 

 

久しぶりの投稿はisica-plainのワンピースのご紹介です。

落ち着いた色合いのクラシカルなスタイルのワンピース。

クラシカルデザイン、こちらも私的に勝手にシリーズ化しています。

ヨーヨーカシュクールワンピースが第一弾。

こちらは第二弾。

ですが、正直、どちらもあまり目立っておりません笑

なので再度、ご案内。

 

モスグリーン、ダークグレー、アイボリーの3カラーです。

モスグリーン、ダークグレーの色合いが伝えづらく、写真を撮り直しました

3283E637-C664-476E-892A-799CD3D01FD9.jpeg

 

ゆったり、ふわり。シルエットを拾わないデザインが多い中で、

こちらのワンピースは、割ときっちりした雰囲気に仕上げています。

コットンツイルは、触ると柔らかく、中厚の生地ですので、秋口にピッタリ。

程良く重さもあるので、シルエットも広がり過ぎぜ、大人っぽく着れます。

 

サイズ的にはMサイズ。

155cmくらいの小柄な方にもおすすめなデザインです。

着画は身長150cmですが、着丈変更無しで着ています。

もちろん160cm以上の方でもスラッと綺麗に着こなせます。

 C04237D6-82EB-4D6F-B2B5-CB7809E61A3D.jpeg

 

 ↑アイボリーは春先にも着たいお色です。

 

つい最近、娘に骨格診断というものがあるんだよ、と教えてもらいました。

体型は、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つの骨格タイプに分けられるんだそう。

それを知ることで、自分に似合うシルエットのデザインを見つける事ができるそうです。

 

ちなみに

⚫︎首回りが詰まっていて、

⚫︎ストンとし、

⚫︎裾にボリュームのある

 

このスタイルのワンピースは、ウェーブの人が似合うんだそう。

 

ウェーブの骨格は

⚫︎全体に凹凸が少なく

⚫︎上半身が薄く

⚫︎重心が低い位置にある体型との事

 

ふむふむ。。

具体的。

だけど、なんとなくしかわからない自分…

 

おや、じゃあ、そもそも診断の意味は?とそっちもなんだか気になって。。。

 

《医者が患者を診察して病状を判断すること。》

思った通り。

 

《転じて、物事に欠陥があるかどうかを調べて判断すること。》

 

な、なるほど。

なんか欠陥という言葉に、妙にドキッとしたのでした。

(欠陥だらけ〜汗)

 

 

 

 

 詳細はcreemaからご覧下さい。

ただ今、福袋でお揃いのマスクとセットで販売中です。

 

 

 

 

 

 

 

2021 / 01 / 31  11:18

リバーシブルトップス/全3色

リバーシブルトップス/全3色

1色づつ作っては更新。

雨季のこの時期、カラッとした晴れ間はとても貴重。

布に水を通したり、写真撮りにと、一日があっという間に過ぎて行きます。

 E4DD11DF-8B28-4D2E-B2AF-B9ABC616C68F.jpeg

長雨が続き、なかなか写真撮りが出来ずいた、あずき×藍色。

1月中になんとか出すことが出来ました。

 

瑠璃色→青緑→藍と青ベースのリバーシブルシリーズ。

完全に偶然です笑 今の気持ちがアオだったのかも…。

 

今回、リバーシブルの反対側はあずき色。

でも、日本の色見本で調べたところ、“焦げ茶色”というのが一番近いようです。
焦げ茶というと、珈琲豆の濃い茶色が浮かんでしまう…言葉のイメージと色の記憶の微妙なズレが、面白いですね。

 7B4ABCCA-8A6B-4363-BAD6-94FE27FD9E1E.jpeg

赤みのある茶色。藍も少し燻んだ色です。

春先から秋口に向けて、長くご着用頂けます。

 

今年の新作は、どれも、受注製作で製作の予定です。

isicaでは、今までもずっと家の中でも外でも着やすい服、内面から心地良くいられる服を作っています。

けれど、コロナのこの時期、どのくらいのご希望があるか正直目処が立ちません。

 

新しい服を選ぶタイミングって、やはり、人との繋がりや、新たな場所へと向かう時が多いと思う。

そこが大幅に縮小された暮らしとなった今、

小さな小さな服屋ですので、沢山、先に製作して準備するのも難しい…。

けれど、製作ペースを落として、動きを縮小してしまいたくもない。

 

今、出来る事を考えて考えて、変わらずに出来る事は、変わらずに続けて行きたいと思います。

 

ひとりひとりのお手元に、季節に沿うよう、お届けしたいと思いますので、

ゆとりを持ってご検討頂けたら幸いです。

 

今年の春から夏に向けての服。

順次アップしていきますので、またご覧下さい。

生地集め、色サンプル製作、パターン修正…細かい作業ですが、これが好きなのでしょうね。

 

たのしい時間が続いております。

 

 

↓詳細は下記からご覧下さい。

 

creema

 

 

2020 / 12 / 27  10:01

リバーシブルトップス/新色

リバーシブルトップス/新色

新色の青緑×茶色です。

 

この色合わせ、そうだ、どこかで見た蔦と葉の組み合わせだなとカメラを持って外に出てみた。

…少し歩いてみたけれど、もう少し海沿いの細い道の途中だったかもと思い、家に戻ってくる。

 

今、暮らしている、この乾いた大地で身近に目にしている蔦植物の色合わせ。

どこの街に暮らしていても、どこかで見た色合いと思い、ふと壁に蔦う葉に足を止めるのかもしれないなと。

…そんな風に、日々の色に馴染んでいく服であったら良いなと思う。

4AFBB8DA-E2ED-4B7F-B3CF-43B1AF8DC2CC.jpeg

 

5B35CDA0-CA05-40F4-9F48-61B444539EF3.jpeg

 

↓詳細は下記からご覧下さい。

 

creema

 

 

↓こちらも随時更新しています。

 

Photo gallery

 

 

2020 / 12 / 11  07:39

《新作》リバーシブルトップス

リバーシブルトップス

布の中を泳ぐようなゆったりとした着心地の、リバーシブルトップス。

前後どちらからも着れるので、一着で4通りの着こなしが楽しめる優れものです。

 

薄手の柔らかなコットンボイルで、一年中着られます。

動作に添い、シンプルなカタチが引き立つよう

ステッチは全て内側からだけにして、スッキリと仕上げました。

 

isicaのワイドパンツやバルーンパンツとも相性の良いトップス。

8363D102-C552-44CD-A620-ABEC5F82C694.jpeg辛子色と瑠璃色のコンビです。

 

 

↓詳細は下記からご覧下さい。

creema

1 2 3 4 5 6 7 8 9